メッセージ

スクラップ&ビルドの時代は過去のもの。改修補強して30年使えるということならば、存続させる方向も含めて議論が必要では?「古くなったからい新しいのものを」ではないはず。公設市場、農連市場。そうやって沖縄の資源がどんどんなくなっていくのはいろんな意味でマイナスだと思う。
福田展也
//////////////////////////////////////////////////////////
時代と言う流れの中で多くの人が集いそして、その一人ひとりの心の中にその時々の沖縄少年会館(那覇市久茂地公民館)が生き続けている事と思います。それは、プランの時点から心血注いで係られた方達の思いがまさに結実した結果だとも考えます。故に旧沖縄少年会館(那覇市久茂地公民館)は決して単なるコンクリートの固体ではなく、人々と共に幾重にも積層された生きた建築物であると言えるのではないでしょうか。
 それがまさに、那覇市民、沖縄県民、そして日本国民の文化の一部であり、さらに未来へと継承されていくべきものであると確信します。地域の方々が中心となり、この施設が「生きた建物」として継続活用される事を切に希望すると共に、貴会の趣意に賛同します。

日本の文化的建築と周辺環境を守る会 木村剛士

//////////////////////////////////////////////////////////

取り組み趣旨に共感し、関心を寄せ、感謝しているものです。

ちょうど本日の新聞記事も読ませていただき、切り抜いて、何とかつながらなければと思っていたところに、サイトを見つけました。私にできることを何でもご協力させていただければと存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

追伸:那覇市の都市計画やまちづくりの方向性、また久茂地小統廃合問題に疑問をもつなかで議会や審議会でいろいろと提案してきましたが、久茂地・泉崎は、少年会館を活かし、かつ戦前のモダン建築を取り入れる魅力ある地域としてまちづくりが出来ないかと考えていたところです。ご指摘のように、沖縄は古いものを残し、活かす、という発想が極めて弱いのですが、貴会の取り組みと当施設存続により、きっかけとなれればと願っております。ドコモモや建築士会等を動かす活動に勇気づけられました。
平良

//////////////////////////////////////////////////////////

この建物の存在自体知らなかったのですが、時代背景や建物のプログラムがとても面白いと感じました。
友寄隆仁

//////////////////////////////////////////////////////////

ポスターとちらし・・「沖縄少年会館」心動かされました。微力ですがご協力したいと願っています。

北原秋一
//////////////////////////////////////////////////////////

少年会館についての記事をお送りいただき、ありがとうございます。私も小学生のころ、少年会館でプラネタリウムを見たり、子供向け映画を見るのを楽しみにしていた世代ですので、興味深く読みました。地域らしさは、建物に表され、歴史となっていく・・・・沖縄市の街づくりは・・・・などと思いつつ読みました。

//////////////////////////////////////////////////////////

拝読させて頂きました。
6月8日掲載で、建物内の支払を全てドルでの支払いのアイデアはとても興味が有ります。
沖縄に来て2年弱、休みもなかなか取れず、目先の数字に追われる営業の毎日の自分を反省したいと思わせる文章、有難うございました。

渡辺

//////////////////////////////////////////////////////////

旧少年会館保存の記事、ありがとうございました。
拝読すると、私が23年前に沖縄を訪れたときからみても、街並みの変化はどんどん加速しているようですね。東日本大震災の津波・原発被害を受けた町を見ていると、沖縄の現状からいろんなことを考えさせられます。なかなか機会がなくて申し訳ありませんが、またおうかがいしたいものです。
今後ともよろしくお願いいたします。
//////////////////////////////////////////////////////////
新聞記事「建物は訴える」をお送りくださりありがとうございます。
お元気でご活躍何よりと思っています。 ドームのある久茂地公民館、懐かしいですね。しかし、4/30に閉館とか。そして解体・・・・・建築とは何でしょうか?人々の暮らし、街のランドマーク、そして街の文化を象徴し、文化を育んできました。単なる箱物、古くなったらポイと捨てる。こうした考えには納得できません。沖縄の人の、沖縄らしい建築を育てて下さい。もっと、建築を大切にして下さい。

武者 英二
//////////////////////////////////////////////////////////
記事を興味深く読ませていただきました。
保存・再生にはやはり価値観が大変左右をしますね。戦後のRCの建物は風雨にさらされつつ管理があまりされなかったでしょうから建物への愛着を持たせる努力は普段から行われる必要がありますね。
//////////////////////////////////////////////////////////

久茂地公民館のプラネタリウムが、復帰前の時代に、いろんな人たちの熱意で生まれたものだったことは知りませんでしたし、もちろん、4月末に閉館して牧志に移転することも、初耳でした。
牧志にウチナー食堂やAサインバー、ウルトラマン資料館を集め、古いプラネタリウムを再利用して復帰前の夜を再現するなんて、とても面白い。夢があります。ぜひ実現してもらいたいと思います。

読売 鬼束
//////////////////////////////////////////////////////////
新聞記事、読みました。福村さんの書いてるとおりだと思います。建築には、時を越えて、代々物語を蓄積していくアーカイブ、そして人と人をむすぶ媒介(メディア)の役割があります。機能だけを充
足させるもの、という理解だけだと、つくってはこわしというサイクルのなかで、経済だけにおわれて暮らすことになって、忙しい割に、脆くて弱い街になってしまいますよね。たまたまですが、縁あって6月から
建築学会の事業担当理事になりました。2年間ですけど、そのあいだに沖縄に行くことできたらいいなと思います。いまは、東北支援を311以来続けてます。明日は陸前高田にいって市長とあってきます。フクシマたいへんです。沖縄には基地はあるけれど原発ないので、その点はいいですね。では、また。お元気で。

宇野求           建築家/東京理科大学 教授
//////////////////////////////////////////////////////////
久茂地公民館、経歴や螺旋階段など面白い建物とは思っていましたが、こんな活用ビジョンには思いおよびませんでした。魅力的ですね。
前回の基地跡地を活用した防災街づくりの提案も、とてもタイムリーで、こんなときの私たちの役割とは、と考えさせられました。なにもできてない自分は・・と返信も滞ってしまい大変失礼しました。
福村さんの論文を読むと視野が開けるようで刺激になります!またよろしくお願いします。

木下能里子
//////////////////////////////////////////////////////////
北海道大学の構内に札幌農学校時代の建物を移築保存している一角があります。おそらく戦後数年は現役だったもので、建築的に優れたものとも思えません。 ひと昔前の北海道では何処にでもあった建物です。私が初めて北海道へ行った50年前(高校1年の時ですから)はこんな建築が当たり前の風景でした。数年前、函館を歩いた時いかにもこれぞ昔の北海道の住宅と立ち止まって繁々と見ると保存建築とプレートが貼られてました。表札も掛かっていたので住宅としても現役のようでした。
昨年、マカオを訪れ旧日本軍が空爆で破壊したカトリック聖堂が前面の壁だけ保存されていました。当時の宗主国ポルトガルが戦跡として残したのでしょう。
ミラノのカトリック教会サンタマリア・デル・グラッチェはレオナルド・ダ・ヴィンチの壁画最後の晩餐であまりにも有名ですが聖堂は第二次世界大戦で全壊し、修道士の食堂の壁に描かれた最後の晩餐は奇跡的に崩壊を逃れたそうです。教会は破壊される前の状態に再建されました。
中仙道の宿場町は都市開発から取り残された町が多く、昔の風情を残しています。
一昨年、地球船の取材で木曽奈良井宿を訪ねました。
目隠しをしてJRの駅前に立たされてその地域、地名を言い当てる事は難しいと思います。それほど都市開発は地域の個性を無視してきました。残念ながら札幌駅前と京都駅前は地域個性の喪失という意味では同じです。お金をかけても残すべき心、遺産はあると思います。

伊藤浩介
//////////////////////////////////////////////////////////
新聞記事読ませていただきました。
古い建物をそのままにするのではなく、「再生」して現代に活用する事例は多いので、行政が実行力を発揮できれば、可能性は高いと思います。
私も、文化財系の建造物で同じような問題の相談をよく受けており、地味に動いております。では、また。平良私、暇ですからすぐに読みました。内容について、もっともな話だと思いました。しかし、コンクリートって親しみのわく建築材料でしょうか?
沖縄をはじめて訪れた時に、私が単純に疑問に思ったことは、なぜこんなにもコンクリート建築がこの島に多いのか、ということです。コンクリート、ガラス、鉄はインターナショナル様式の材料で、地域性
とは無縁な材料だと、私は思っていましたから。地域性とはまったく関係のない都市型の建築材料です。どこにでも建つ安藤忠雄の建築の、節操のなさに代表されるでしょう。本来であれば、沖縄でもっとも豊富に産出される材料を使って建築すべきでしょう。
それは、石ですか?木ですか?
アジアでは(日本も含め)木が豊富なために昔から木を使って建物を建てましたが、火に弱くて火災で焼失し、現在は法隆寺のような、ある意味で特殊な建築しか残っていません。(この建物は仏教建築ではありますが、中国からの影響が色濃くあって、果たして日本人の純粋のアイデンティティを代表する建築と言えるでしょうか?)
スクラップアンドビルトは、そう言った木の特質から来ている状況のようにも思えます。これが、もしも石を多く産出していたら、ローマの様な状況が、このアジアにも起こったのかも知れませんが。まあ、ないものねだりをしても仕方のないことですが、沖縄に「コンクリート」というのは、私個人的には違和感を覚えます。コンクリートは手の温もりを感じさせない排他的な材料だ、と私は密かに思っていますから。
沖縄人のアイデンティティの風化については、(どこにでもあることですが)政治の問題が深く絡んで、非常に難しいものがあるようです。本土の人間である福村さんが、それについて熱く語るのも奇妙な感じがしますが、本土人だからむしろ客観的に沖縄が見えてくるのかも知れません。その批判精神をもっと沖縄人が持つべきでしょう。
町おこし、村おこしで、倉敷美観地区の例など持ち出していましたが、あれも観光資源としてなりたつから、あのほんのわずかな一角にあるだけで、地域に住んでいる私のような人にはまったく無縁な話なのです。むしろ「観光資源にならないと保存しない」という金が絡んだ保存体質に問題があるわけで、あそこに倉敷人のアイデンティティなど、欠片も存在しません。つまりメンタルな意味で、地域の生活者の支えになっていないということです。
日本は、都市計画がドイツなどに比べて100年以上遅れていると思います。
もともと都市計画という考え方それ自体がヨーロッパのものであり、日本を含むアジアには、スクラップアンドビルトという野放図な都市成長しかなかったのではないでしょうか。こう言いきると、誰かが江戸時代の城下町など例にあげてを反対するかもしれませんが。しかし、あれは武士が外敵に対してどう自分たちを守るかという点に主眼を置いており、下々の庶民の木造住宅など燃えてもかまわない、燃えればまた建てればよいと思っていた訳ですから、庶民の側に立った本当の意味での都市計画とは言えないように思いますが。福村さんの今後の孤軍奮闘に期待します。

追記)ベルリンの国会議事堂の話を引用していましたが、ドイツ人(ゲルマン民族)はああいう民族なのです。今回の東日本大震災の影響を見ても判るでしょう。とうの被災国である日本が煮え切らないで、うじうじと震災処理をしているのとは反対に、いち早く脱原発を表明しました。(不足する電力はフランスから輸入できるという安易さはあるでしょうが) 彼らは何事も徹底する実行力をもっています。
日本人は、明治以降ヨーロッパを手本としていろいろしてきましたが、あの真似は悲しいことに絶対にできません。この「曖昧さ」こそが、残念ながら、日本人のアイデンティティではないでしょうか。
真に実行力のある首相など、日本にはこれからも「絶対に」存在しないのです。沖縄も似たり寄ったりでしょう。「ナントカナルサ!」という楽観主義です。

小幡
//////////////////////////////////////////////////////////

実は私も久茂地公民館(少年会館)の件は気に なっていました。
幼少の頃、今は亡き母に何回か遊びに連れていってもらいました。プラネタリウムや赤影などの映画を観た記憶があります。その母が亡くなる1年前に生まれて初めて本土へ旅行に行ったのですが、その旅行説明会の会場も少年会館だったと記憶しています。

私が2002年に16年ぶりに東京から沖縄へ帰ってきた頃、今の少年会館はどうなっているんだろうと気になった事がありました。(幼少の頃行ったきりで場所までは覚えていな かった)
数年前に久茂地公民館として利用されているという事実を知り妙に嬉しく思いました。
(那覇に用事があった時、わざわざ傍を通って建物を見に行きました。)
私も少年会館を保存し活用する事には大賛成です。
私の出来る範囲で応援したいです。

桃原

//////////////////////////////////////////////////////////

数回しかいってないですがプラネタリウム大好きでした。建物のいろんな部分がたくさんの思いやりと試行錯誤を重ねてたくさんの手間をかけて作った建物だなーと、はじめていったときは印象深かったです。階段の幅とか天井の高さとか一つ一つ建具や建物のあらゆるところの意匠から昭和を感じることができます。 少年会館だと知ったのはのちの事で、子供達のためを思ってたくさんの大人ががんばったんだろうなずっとのこっていたらいいなとおもっていた矢先、プラネタリウムの上映も最後になり解体の話も聞こえるようになりました。

スクラップandビルドの流れの今の時代ものを残す。維持するのにもコストがかかり難しいこともわかります。しかし、ヨーロッパでは戦争で焼けたたてものやまちなみや、老朽化で立て直すたてものなどをよく、解体前のそっくりそのまま復元し、街並みを持続させていることがあります。先輩や親の世代、そのまた前の世代の方々を感じられるものそれはそれぞれが存在していたときにあり続けたもの。共有して確認できるもの新しくしてでも残すべきだと思います。

大きな事はできないけれど何かできないかなと思いメールします。応援隊になりたいです。

いい方向に動く事を祈っています。

那覇市出身 當山

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。