市教育施設の劣化調査

8 2月

沖縄少年会館を所有する那覇市教育委員会管轄の教育施設を視察し、外観目視調査を行ったところ、柱・梁など建築の主要構造部内部の鉄筋が露出している様子が確認されました。このことは安全性に問題があるとされる沖縄少年会館よりもコンクリート躯体の状態は悪く危険であると判断出来ると思われます。

以下に視察内容をご報告します。

※画像をクリックすると8施設がご覧いただけます。



このことを受けて当会は、那覇市教育委員会あてに緊急要望書を提出しました。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

(追記 12.02.16)

この件を地元新聞社が取り上げています。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。