「がんばろう 沖縄少年会館」建築応援団募集

12 7月

 5月の連休の地元新聞紙に、那覇市の久茂地川沿いのドームののった久茂地公民館がこの4月末に老朽化を理由に閉館され、永年市民に親しまれたプラネタリウムの最終投影会に多くの市民がかけつけた、という記事が大きく報じられました。みなさんもこの記事をご覧になったと思います。

 実はこの建物、日本復帰前の1966年に竣工した年代物で、かつては「沖縄少年会館」と呼ばれていました。米軍施政権下、文教施設なども不十分の時代に「子供達に夢を与えよう」と、教育関係者が立ち上げた「沖縄子どもを守る会(初代会長故屋良朝苗氏)」が県内外の多くの人々から寄付を集め、建設された歴史的な建物です。当時、めずらしかったプラネタリウムや鉄道模型があり、本島だけでなく離島からも多くの子供達が集まり、夢と感動をこの建物からもらいました。中年の方々には思い出深い建物のはずです。そして、琉球政府の立法院議事堂など多くの古い建物を失った今、日本復帰前の時代を伝える残り少ない貴重な建物です。

 この秋には、老朽化して危険なので解体するということです。竣工してまだ44年しか経っておらず、メンテナンスされなかったため少し劣化部分もありますが、耐震補強や改装をすれば充分新しい使用に耐えられると建築専門家は言います。日本復帰前の「沖縄の実相」と、当時の人々の「新しい沖縄のアイデンティティを求める熱い思い」を伝えるために、この建物を残すべきだと私たちは考えます。

 私たちは今後、この建物を残し、新しい活用方法を考え、沖縄の復帰前の時代をしっかり後生に伝えるとともに、久茂地の自治会や通り会等とも連携して、久茂地界隈の活気ある新しい街づくりを目指してゆくつもりです。

 そのためには、皆様ひとりひとりの協力が必要です。

 この少年会館の建物を拠点に、新しい活気ある街づくりにあなたも参加してみませんか。私たちの活動に少しでも興味をもたれ、応援できることがあるかもしれないと感じられる方は、お気軽に下記へご連絡下さい。

【当面の活動として】

  ・ いっしょに活動してくれる人・応援団員募集

  ・ 残すための署名運動

  ・ 少年会館とその界隈の思い出の写真募集とその写真展

  ・ 少年会館の思い出話募集

  ・ 少年会館活用のアイディア募集

  ・ 活動費のカンパ募集

【連絡先】

沖縄少年会館を保存・活用させる会事務局

TEL&FAX: 098-894-5026   繋がらない場合:090-9782-9861(小嶺)

MAIL:  kumojicivicforum@googlegroups.com

 HP:  https://kumojicivicforum.wordpress.com

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。