署名

新しい沖縄子どもを守る会設立にあたり、ご賛同のお願い

  現在の沖縄の子どもたちを取り巻く環境は、決して恵まれているものではありません。全国一低い所得、全国一高い失業率・離婚率の状況で多くの親子が極めて困難な生活を強いられています。ひとり親や共働き世帯の多い沖縄では、支援する体制と夜間保育所・学童保育所・母子支援施設・情緒障害児短期治療施設などの施設が必要とされています。

先ごろ、このような沖縄の子どもたちの問題解決に向けて、子ども支援にかかわる13団体が結集し「沖縄の子どもを貧困から守る連絡協議会」が発足しました。政府の新たな沖縄振興計画に「沖縄子ども振興計画(仮称)」を策定するように訴えています。

このような中「沖縄少年会館設立趣意書」が最近発見され、現在の沖縄の子どもたちを取り巻く状況が、50年前の状況と本質的に変わっていないことが確認されました。同趣意書には、「沖縄の特殊事情下で起こっているいろいろの現象の中には、感じやすい子どもたちに憤懣をおぼえさせたり、希望を失わしめたりすることが頻発していまして、その心理的影響は、大人たちの想像を超えるものがあり、(中略)これまでの沖縄の青少年対策をふりかえって見ました場合、観念的であったことは否定できません。戦後19年にもなっていますので、理念の上で話し合って終わる時ではないと思います」と屋良朝苗沖縄子どもを守る会会長のメッセージが記されています。屋良さんらはこの趣意書を手に全国行脚を繰り広げ、全国の小学生から皇太子殿下(現天皇陛下)にいたる方々から募金を集め「沖縄少年会館」を建設させました。

この「沖縄少年会館」がいま、老朽化を理由に解体・撤去される寸前の状況にあります。那覇市は老朽化と補修費用の工面ができないとの理由だけで、解体を急いでいます。私たちは、安全に活用できる方策や補修費用を自分たちで工面する方策を持っているので、解体を待って欲しいとお願いしています。なによりも、屋良さんたちが具体的な行動を起こして沖縄の子どもたちのために建設した「沖縄少年会館」の理念を継承し、現在の子どもたちを取り巻く問題解決への拠点として再活用したいと考えています。子ども支援にかかわる団体が横断的に新しい沖縄子どもを守る会を結成し、いまこそ、このシンボル的なこの「沖縄少年会館」の建物に結集し、より具体的な行動を起こし、貧困や劣悪な環境の中の子どもを守らなければ子どもたちの未来はないものと考えております。

新しい沖縄子どもを守る会設立へのご賛同、ご協力をお願いいたします。

【署名用紙】

新しい沖縄子どもを守る会 賛同者署名用紙 (PDF)

新しい沖縄子どもを守る会 賛同者署名用紙 (WORD)

【署名送付先】

メールの場合:  kumojicivicforum@googlegroups.com

FAXの場合: 098-866-5043

【問合せ先】

TEL: 098-894-5026

コメント / トラックバック1件 to “署名”

  1. 前田かおり 2011/12/22 @ 12:22 am #

    旧沖縄少年会館の保存を求めます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。